陽子線治療

 

 

現在、先進医療への関心が、非常に高まりつつあります。特に、ガン、脳梗塞、心筋梗塞など、様々な難病に対し、有効な治療方法として注目されています。
この医療サービスの最大のポイントは治療費です。高度な医療技術を用いるため、費用は通常高額になります。しかし、一般の保険では適応対象外として扱われます。医療費は全額自己負担となり、患者にとって大きな経済的負担となります。
そのため、万一に備え、先進の医療に対応した保険に加入検討するケースが増えてきています。加入により、通常であれば全額自己負担だった費用の全部、あるいは1部を、保険で賄うことが可能になります。
最も有名な治療の1つに「陽子線治療」があります。陽子線とはたくさんの陽子の集合体です。加速器を用いることで、陽子のスピードは光速の70%近くになり、がん細胞を破壊する力をもつようになります。
陽子線は体内への浸透力が大きく、エネルギーを変えることで、停止深度を自在に決めることができます。かつ停止位置で、放出エネルギーは最大になります。つまり、狙ったガン病巣部だけに、多くの放射線量を効率よく照射することが可能です。
限局性固形がんに対し、陽子線治療には多くのメリットがあります。がん病巣をピンポイントで照射し、病巣のみを集中的に破壊することが出来ます。また狙った病巣以外は、放射線量の吸収が少なくて済むため、正常組織への損傷が少なくなります。それにより、身体への負担や副作用が最小限に抑えられます。高齢患者にもやさしい治療であり、治療後の円滑な社会復帰も期待されています。

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら