先進医療の種類

 

 

ガン治療などの先進医療保障が可能になっている保険が有ります。
これは最先端技術を利用して治療を行う場合に保険が適用されるというものです。

 

一般的に治療と言うものには公的医療保険が適応されますので、治療費用の自己負担分は少ないのが特徴です。

 

しかし、最先端技術を利用した治療の場合は、公的医療保険が適用されません。
これは自由診療であり、その治療にかかる費用負担は大きくなります。

 

それ故に、医療保険に加入をすることで治療費用の負担軽減を可能にしてくれるわけです。

 

しかしながら、最先端医療というのは種類が多種多彩であり、どの医療に対する保障が可能であるのかを知る事も大切です。

 

平成23年10月17日現在において、厚生労働省が公表している最先端医療の技術と言うものは、94種類あると言います。
この種類のうち、34種類は最先端医療を適切に実施を可能にする体制作りが行われているもので、厚生労働大臣が個別に認めた病院施設もしくは診療所で可能にする医療技術になります。

 

尚、この最先端医療技術と言うものは、今後も増え続ける可能性が在りますし、将来的には健康保険が適用され、自由診療から公的医療保険に移行される形になると言われています。

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら