がん保険を考える〜先進医療

 

 

がんの治療は進化し続けており、新しい抗がん剤の開発や治療法も進んでいます。
しかし、高額な費用が発生するのががん治療です。
なかでも重粒子線治療や陽子線治療は治療効果が高いものの、何百万円と掛かるものですが、公的保険の範囲外です。
また、抗がん剤についても未承認のものが多く、自由診療で治療費が高額となるケースもあります。
重粒子線治療や陽子線治療などを例とする先進医療は、どの医療機関でも実施しているものではありません。
厚労省の大臣が指定する医療技術であり、施設基準などにも適合した医療機関で実施されています。
がんの治療は長期にわたるもので、先進的な医療技術を提供しているところを含め、どの医療機関で受診するかで治癒率も変わってきます。
がん保険にセカンドオピニオンのサービスを提供しているのも、そうしたニーズを反映したものです。
医療機関は近くにないこともあり、全国を対象に探すこともあります。
その費用についても、がん保険では診断給付金という保障で対応しています。
この診断給付金は初期の治療費や精密な検査費用に活かすことができます。
がん保険が医療保険と比べて特徴的なのは診断給付金の存在とセカンドオピニオンサービスであり、先進的な医療技術を受けるためで手助けとなる保障です。

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら