先進医療の費用

 

 

先進医療の費用は健康保険が使えません。ただし、保険外併用といって、基礎部分は保険診療が受けられます。たとえば、がんの病巣をピンポイントで照射する陽子線治療の場合、診察料や検査料、入院料、投薬料などは保険診療となりますが、陽子線治療の技術料は全額自己負担となります。だいたい270万円くらいかかります。
陽子線に限らず、最先端のがん治療を受けたいとなると、このように保険がきかないケースが多いです。陽子線に似た治療で重粒子線の場合は約300万円、腫瘍抗原ペプチドを用いたワクチン治療で約70万円です。これが1入院のケースですから、何クールかに分けて行う方の場合、もっとかかるのです。家族の中でどのような立場の方が該当するかわかりません。主たる生計を行っている人であれば、自分の家の生活費のことを考えると利用に踏み切れないケースもあるかもしれません。しかし、命にかかわれば、誰しも生きる確率があがるなら試したいと思うでしょう。こういった費用に対し、がん保険や医療保険特約などの備えがあると、ある程度カバーできます。特に今や国民の2人に1人ががんだと言われる時代、そして3人に1人ががんで亡くなられているという時代、この特別な医療費を意識せずにはいられないでしょう。

 

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら