先進医療が受けられる場所は限られている?

 

 

先進医療というには、新しい医療技術を使い、患者のニーズに合わせた形で治療を進めていくための技術であり、一般的な公的保険診療で認可されている医療の水準を超えていると言う特徴があり、最新の技術を屈指し、厚生労働大臣から承認された医療行為のみをこのように呼んでいます。

 

また、この医療技術は、全額自己負担になると言う特徴が有ります。
それ故に、費用負担は大きくなることからも、自由診療における保障を得られる保険商品も数多くなっているのが特徴です。

 

所で、この医療技術を受けることが出来る病院や診療所というのは限られているのが特徴です。
平成23年10月17時点での医療技術の数というのは94種類あると言います。
しかし、施設基準など体制が整えられている病院などの施設というのは、平成20年7月1日時点では530箇所であると言います。

 

また、医療技術の94種類のうち、厚生労働大臣に個別に認められた病院もしくは診療所で可能になっている医療技術は34種類にすぎません。
何れも自由診療であり、保険適用外となります。

 

しかしながら、最新技術の数は増えることになりますし、将来的には自由診療から外され、健康保険が適用される可能性も高いと言われているのです。

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら