がんの部位別、手術の割合

 

 

がんになったらいくらかかるのかと考えると非常に怖いです。がん保険を考える上で昨今のがんは、早期発見できて早期治療により治るがんも増加しているのが現状で、手術して治る割合が増えてきています。金融機関が2010年に実施した意識調査では、がん経験者が答えたがん治療費用について、50万円前後と答えた人が37.6%、100万円程度が32.5%、300万円よりも多いが6.3%となっています。50万円程度で済んだ人が3程度いますが、350万円以上かかった人も10パーセント以上いるというのが実情で、がん治療の費用といっても入院する日数やがんの部位別やオペの内容や割合によっても変わってくるので一口には言えません。がんの治療法には先進医療もあり、保険診療と保険外診療の混合が許可されていますが、先進医療で必要な費用は全額自己負担になってしまうデメリットがあります。がんに関する先進医療は治療を受ける場合の費用はとても高額になってしまうためにネックであり、先進医療のテクニカルな分だけで陽子線治療約が270万円、重粒子線治療約300万円となっていて、治療費総額は350万円を超えてくる人も割合としては少ないですがいるのも実情になっています。

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら