がん保険を考える〜がんになったらいくらかかるのか

 

 

日本人の死因第一位ともなったがん。早期発見なら治る確率は高いのですが、発見が遅れると今の医療では完治は難しいとされるなんとも厄介な病気です。
しかも、治療費、手術費、入院費、検査費など高額の費用がかかります。そこで、万が一に備えたがん保険が登場、評判も上々のようです。
がんになったらいくらかかるのかということが、一番気になるところです。アフラックの調査によると、50万円が37.5%、100万円が31.5%、200万円が16.0%、300万円が6%、300万円以上からが6%という結果となっています。一番割合を占めるのが50万円と、意外にかからないことがわかります。
がんになって問題なのは治療にいくらかかるかということより、収入が激減することのようです。アフラックの調査では、がんになって収入が減ったという割合は33%にも及びます。収入減少の割合は5割以下が33%、5から7割が29%、7から8割が24%、8割以上が14%と、がんになったら収入は半分以下になると覚悟しておいた方がいいようです。
そういったリスクを避けるために、保険会社の一括資料請求などを行い、自分にあったタイプの保険に加入するのもいいでしょう。

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら

がん保険を考える〜がんになったらいくらかかるのか記事一覧

いまや日本人の3人に1人が一生のうちに発症し、年間30万人を超える人が命を落としている「がん」。誰しもが他人事ではないこの病気、もしかかってしまった場合、どれくらいお金がかかるのか、ということをあらかじめ頭に置いておく必要があるでしょう。厚生労働省などの調べによる種類別の平均治療費をあげると、一番罹...

がんの手術費用は入院の日数や治療内容によって差はありますが、胃の一部切除・全摘出で平均で約40万円前後かかります。これは1ヵ月の入院によるものですが、食道などの消化器官で再建手術を受けると、さらに倍近くの金額が掛かることになります。手術では切除よりも、再建手術が加わると治療も高度になり、費用も高額に...

がんになったらいくらかかるのかと考えると非常に怖いです。がん保険を考える上で昨今のがんは、早期発見できて早期治療により治るがんも増加しているのが現状で、手術して治る割合が増えてきています。金融機関が2010年に実施した意識調査では、がん経験者が答えたがん治療費用について、50万円前後と答えた人が37...

がんの治療は進化し続けており、新しい抗がん剤の開発や治療法も進んでいます。しかし、高額な費用が発生するのががん治療です。なかでも重粒子線治療や陽子線治療は治療効果が高いものの、何百万円と掛かるものですが、公的保険の範囲外です。また、抗がん剤についても未承認のものが多く、自由診療で治療費が高額となるケ...

先進医療の費用は健康保険が使えません。ただし、保険外併用といって、基礎部分は保険診療が受けられます。たとえば、がんの病巣をピンポイントで照射する陽子線治療の場合、診察料や検査料、入院料、投薬料などは保険診療となりますが、陽子線治療の技術料は全額自己負担となります。だいたい270万円くらいかかります。...

先進医療というには、新しい医療技術を使い、患者のニーズに合わせた形で治療を進めていくための技術であり、一般的な公的保険診療で認可されている医療の水準を超えていると言う特徴があり、最新の技術を屈指し、厚生労働大臣から承認された医療行為のみをこのように呼んでいます。また、この医療技術は、全額自己負担にな...

ガン治療などの先進医療保障が可能になっている保険が有ります。これは最先端技術を利用して治療を行う場合に保険が適用されるというものです。一般的に治療と言うものには公的医療保険が適応されますので、治療費用の自己負担分は少ないのが特徴です。しかし、最先端技術を利用した治療の場合は、公的医療保険が適用されま...

現在、先進医療への関心が、非常に高まりつつあります。特に、ガン、脳梗塞、心筋梗塞など、様々な難病に対し、有効な治療方法として注目されています。この医療サービスの最大のポイントは治療費です。高度な医療技術を用いるため、費用は通常高額になります。しかし、一般の保険では適応対象外として扱われます。医療費は...

先進医療とは、ガン、心疾患や脳血管疾患などの難病をも治せる可能性がある医療を指します。高技術な医療として非常に注目されていますが、いくつかの条件を持ち、治療を受ける上で大きなネックとなっています。1つ目が、保険適用外の治療技術のため、費用はすべて患者側の自己負担となる点です。最先端の医療により高額な...