通院給付金は?

 

 

高齢化が進むにつれてがんを患う人が増えてきました。
がんは治療が長期となることがあり、費用も掛かります。
そのため、近年がん保険に加入する人が増えてきました。
しかし、このがん保険を巡るトラブルも多くなってきています。
とくにがんのステージが進行してしまっている患者さんで、手術によるがん切除、放射線治療ともに出来ないと言われた場合、通常化学療法での通院治療となることが多いです。
抗がん剤治療の方法には通院して、点滴による抗がん剤治療や定期的な検査と投薬での自宅で抗がん剤を飲む治療などのパターンがあります。
どちらにしても費用が大きくかかるがんの化学療法において、通院期間も長期になると負担が大きくなります。
保険契約は非常に複雑で約款内容が解釈しにくいことがあります。
がん入院給付金と手術給付金が付いているタイプでの場合で加入していても通院給付金が付いていなければ保険金は支払われません。
通院の場合、給付金は保険会社により異なるものの平均で1万円ほどが多いです。
しかし、気を付けておきたいことは、「がん治療のために入院をした後にの通院治療した場合」などの文言が契約書に書かれていれば、支給ゼロとなることがあります。
がん治療は通院期間が長くなることが想定されるのと、がんは再発率が高いこともあるのでしっかりと契約内容を確認しておくことが大切です。

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら