種類は?

 

 

がん保険選びのポイントは非常に難しいです。がん保険は新しい種類の金融商品が続々と出てきてし、保障内容は時代と共に変わってきていますが、がん治療のロジックなども変わってきていて、そのような環境下では、もしかしたら加入したがん保険だけが時代に取り残されてしまっている可能性もあります。がんを保障する保険は、がん保険やがん保障特約などが存在しますが、10年ほど前までは、がん保険を販売している金融機関多くなく、その理由は日米の保険協議の影響でがん保険を含めた日本の大手金融機関が販売することを認めていなかったからです。その為、日本の大手金融機関は死亡保障にオプションという形での保障を強いられていましたが、今日では制限がなくなり、多くの金融機関に限らず代理店までもが、がん保険を取販売するようになりました。そのようなバックグラウンドによって、数年ほど前まではがん保険のシェアは外資系企業がほとんどシェアを持っていましたが、競争が少なかったので、保障内容や保険期間は今日のがん保険と比べたら、レベルの高くないサービス内容になっています。 医療技術のスキルアップなどによって、がん治療の費用は増加傾向にあり、とりわけ先進医療に該当している特殊な治療などは技術費だけで200万円を越えます。

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら