加入率について

 

 

近年、日本人死亡要因の第一位ががんなのです。これまでは、肺炎やら心筋梗塞などがありましたが、がんに悩まされる方が増えてきました。その影響で、がん保険に加入される方も多くなってきたのですが、実際に加入率がどのくらいかは知らない人が多いでしょう。がんに対応する保障としては、単体のがん保険に入るか、もしくは生命保険や医療保険の特約部分にがん特約を付けるかという事になります。前者でも後者でもでも保障内容に特に大きな違いはありませんが、最近は医療保険に加入せずに、がん保険のみに入る方も増えています。現時点では約三割の方がなんらかのがん保障に加入しています。今後、その割合が四〜五割に増えてくるとの予想もたっています。がんの治療費というのは、他の病気よりもとても高額です。また、場合によっては長期入院になることさえあります。医療保険の内容でもがんに対する入院や手術が保障されますが、がん診断の給付金や入院給付限度日数が無制限というのは大変魅力的なポイントです。近年、アフラックのようながん保険に強い保険会社も増えてきました。あらゆる保険会社の内容を比較しなが、もし自分自身ががんになった時のことを考え、それに対応した保険に入ることを推奨します。

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら