長期療養の可能性

 

 

日本人の二人に一人はがんになるという話をご存知でしょうか?平均しての話ですが、現在の日本では50%の確率で罹患する可能性がある、ということです。罹患する部位にもよりますが、生活習慣の見直しで罹患する可能性を若干低くすることも出来ると言われています。
がんになると、様々な治療法の中から自分にあった方法を選ぶことになります。部位によって長期療養も必要となります。入院が長期に渡ると医療保険の通算日数の上限を超えてしまう可能性もありますが、がん保険の多くが入院や通院の日数を無制限にしてあります。長期に渡る治療であっても入院をすれば入院日数分の入院給付金が給付されます。通常の医療保険の場合、入院についても支払限度日数があるため、入院が長期化すると保険金の給付が途中で終わってしまうことも考えられます。
がんに罹患しても治療を続けながら働き続けることが出来る人がいますが、年齢や症状、治療方法により長期入院を必要とする人もいます。個人差が多く、症状の急激な変化もあり得る病気だからこそ、普通の医療保険ではカバーしきれない部分を補う保険が必要とされたのです。治療方法が日進月歩といわれていても、個人差が大きい病気だからこそ、短期入院も、通院治療も、長期入院でも治療行為に対する保障が必要とされているのです。

 

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら