通院給付金

 

 

がん治療の技術が進歩し、入院の短期化・通院治療が進む中でがん保険のニーズも多様化しています。
その中で注目されているのが通院給付金です。
この給付金は退院後もしばらく通院・加療が必要な際に保険金が出る仕組みです。
また、がん治療では入院せずに抗がん剤治療や放射線治療を行う場合もあり、入院に関わらず通院治療にも応えるがん保険もあります。
以前のがん保険は入院中の高額な治療費をカバーし、診断一時金や入院給付金を手厚くしたものが中心でした。
しかし、現在では入院期間は短くなっています。
抗がん剤治療を通院治療で受けている期間は、毎月にわたり給付金を受け取れるものがあり、入院日額の充実よりも通院保障を厚くする方が最近の治療事情に合っています。
この時の注意点としては入院日額を減額すると他の保障額も減る点です。
がん保険の特約は途中で追加や解約も可能です。
継続して加入している方であれば、新しい保障が上乗せできるかも保険会社に問い合わせてみると良いでしょう。
また、医療保険のがん治療に関する保障を切り離して専門のがん保険に加入するのも一つの方法です。
次々と新しい治療法が出ているだけに、保険も定期的に新しい保障を取り入れたものが安心です。

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら