退院給付金

 

 

がん保険には様々な給付金がありますが、退院給付金もその一つです。
退院時に給付金を受けるメリットは退院後の通院治療にも備えることができる点です。
これには通院給付金がありますが、通院治療を中心に置くのであれば、この給付金です。
どちらも特約扱いですが、両方つけても保険料の負担は少額で済みます。
むしろ、退院後は通院治療となり、仕事復帰も先になることも想定されるため、通院の治療・ケアに掛かるお金として捉えても良いかもしれません。
がんは再発を起こすケースも多い病気です。
退院後も転移を防ぐ投薬治療も行うこともあり、自由診療となるケースもあります。
また、検査や交通費など治療以外にもお金が掛かってきます。
これらの費用をカバーできるのが退院時の給付金です。
入院期間の条件があり、これに当てはまるケースでの給付となりますが、退院後の治療費の捻出に助けともなります。
給付金額としては10・20万円程度が主流ですが、入院から退院・通院という一連の流れと負担を考える中で大きなウェイトを占めてきます。
保険会社によって取り扱いの有無がありますが、特に退院後のケアを含めてトータルにがん治療を考えたい方は重視したい給付金の一つです。

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら