診断給付金

 

 

がん保険には診断給付金がありますが、医療保険にはありません。
この違いはがん治療の特殊性も関係しています。
がん治療は費用が高額です。
高額な費用をすぐに準備することは難しい面もあり、家計にも負担が掛かります。
費用のために治療方法を変えることは避けたいところで、最適な医療機関を探す意味でまとまった資金が必要になります。
そこで役立つのが診断時に下りる給付金なのです。
がん保険ならどの保険でも付帯されている給付金ですが、支払い方法に差があります。
がんと確定された時点で給付されるもの、入院・治療を前提に下りるものまで違いがあるので、その点は確認が必要です。
また、1度に給付されるタイプや複数回にまたがり給付されるものまで、給付の回数にも差がある点は注意したいところで、加えてがんは再発しやすい疾病であるため、再度給付されるかも検討が必要です。
がん治療の選択性を広げる意味では、確定診断時に下りるタイプにメリットがあります。
通院治療や入院の短期化が進む中では入院給付金よりも診断時に給付されるタイプの方が使いやすくなります。
がん保険は90日間の待機期間が設定されていることが多いのですが、待機なしの保険も登場しています。
保険は責任開始期間と同時に契約通りの保険金を受け取ることができるため、すぐに必要なお金が用意できる点にも着目したいところです。

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら