先進医療給付金

 

 

がんの治療の進歩は著しく、初期のがんで早期に治療を開始すれば生存率も高い病気です。
その治療法には手術や放射線治療・抗がん剤、最近では免疫療法などがあり、どんな治療を受けるかでも治癒率に関わってくるものです。
しかしながら、がん治療は先進医療も多く、自由診療となり、経済的負担も大きいものがあります。
そんな負担をカバーできるのが、がん保険です。
がん保険は診断給付金と入院・手術給付金、そして先進医療給付金の大きくは3つの保障があります。
診断給付金はがんと診断された際に給付されるもので、精密な検査や専門の医療機関を探すのにも役立つ給付金です。
がん治療の専門医療機関は自宅近くにないことも多く、移動の交通費だけでも大きな負担です。
それを補えるのも診断給付金です。
また、先進医療に関しては特約の扱いになり、医療保険でも付帯するケースが多い保障ですが、厚労省が定めた先進医療技術に対しての費用をカバーするものです。
入院や投薬料は公的保険が適用されますが、そこに先進医療を受けた場合の技術料を保障するものです。
つまり、この特約をつけることで、先進医療を受けても公的負担分だけで費用が済むのです。
がんの治療の中でも放射線治療は通院対応となることも多く、治療の幅を広げる意味でも付けておきたい保障です。

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら