緩和ケア給付金

 

 

がん治療における緩和ケアと言うと、末期がんのための治療と思われがちです、初期がんでも取り入れられています。
緩和ケアとは治療中の身体と心の痛みを和らげながら、患者のクオリティ・オブ・ライフの充実を目指したものです。
がん治療は進歩していますが、その治療の選択においては患者がどのようなライフスタイルを望んでいるかとも直結します。
仕事を続けながら治療を受けたいという選択、またじっくり治したいというニーズなど様々な希望があるのもがん治療です。
がん保険における緩和ケア給付金の取り扱いは余命6ヵ月と診断された場合の末期がん患者への給付の他に、初期からの緩和ケアに対して保障するものなどがあります。
そのため、自分がもしがんと診断された時にどのような治療を望むかでも選び方が違ってきます。
また、そこには経済的負担も伴うため、治療に専念できるだけの保障と同時に、収入減をカバーする保障も必要になってきます。
がん保険の検討では、そうした希望する治療と経済的負担の両面から考えることがポイントになります。
治療法が進化すると共に選択肢が広がっているのもがん保険です。
緩和ケアはその一例であり、医療技術の変化に合わせて、保障内容を見直しておきたいところです。

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら