がんで自由診療を受けた場合

 

 

がん保険には様々な種類があります。がんと診断された場合に給付される一時金、通院費や手術費など、それぞれ保険会社によって規定された額が給付されます。
保険会社によっては、その中に「自由診療を受けた場合」というのがあります。これはどういう診療かというと、健康保険が適用されない診療の事をさし、国内では未承認の薬によって治療を行った場合などです。健康保険が適用される治療とされない治療を混ぜる混合診療は日本では通常行われていないため、このような治療を行った際には、本来なら健康保険が適用されるはずの治療も含めてかかった費用分を実費で(10割で)支払わなければならなくなります。
そしてその場合には、保険会社によっては(またはプランによっては)お金が給付されない事もあります。すると保険をかけていたにも関わらず莫大な金額を支払わないといけない事になってしまいますので気をつけましょう。
がんの種類によっては健康保険の範囲内では充分な治療が行えない事も想定されるので、保険をかける際には健康保険外の治療の場合でも保険金が支払われるプランを選んだ方が良いでしょう。
さらに保険会社によっては、治療にかかった費用分の保険金が給付されるプランと一部だけが給付されるプランの二種類が用意されてる事もあるのでここも要注意です。

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら