部位別、5年相対生存率

 

 

5年相対生存率は治療の開始から5年を経過した時点での生存の割合を示すものです。
がんは進行性を伴う疾患で、進行度に合わせてステージ毎で症状の重さを表しています。
ステージ1は初期のがんで早期治療を始めれば、治癒率も高まります。
ただし、これにも部位ごとに差が生じます。
総じて循環器系のがんではステージ1でも5年後の生存率が下がります。
肺や気管支などは特に初期のがんでも5年後の生存率は低く、転移の早さと手術の難しさが関係しています。
これに対して同じステージ1でも早期の治療で完治できる割合が高いのが乳がんや前立腺がんです。
乳がんは検診技術も発達し、早期の微小ながんでも発見できるようになっています。
また、がんは放射線治療・外科手術・抗ガン剤の3つの治療法の他にも、免疫療法などもあり、治療も多様化しています。
部位ごとに最適な治療法があり、相対生存率も上がりますが、やはり鍵を握るのは早期の検診と治療の開始です。
胃や大腸などのがんでもステージ4まで進行すると1割台にまで低下し、膵臓がんなどの消化器系では一桁台にまで生存率が下がります。
自覚症状がないと言われるがんですが、進行すると体調の異変は少なからずもあるものです。
部位の組織だけに留まっている場合なら、まだ進行していない状態とも言えます。
男性は40代、女性なら30代を目安に定期的に検診を受けることが大切です。

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら