混合診療のメリットデメリット

 

 

混合診療とは、保険診療の対象になる診療行為と、保険外診療になる診療を同時に行う医療行為で、デメリットにもなりますがこの場合は本来なら保険診療対象分も全額自己負担になってしまうことです。
逆にメリットは、海外などでは認可されている治療方法があり一定の効果があるなど有効だと証明されている治療が使える点です。たとえ医療費が高額になっても、ひょっとしたらその治療方法で治るかもしれないということで、その診療に頼らざるをえない患者も多くいますし、逆にそうした方法が高額なために治療をあきらめる人もいるのが現実です。
治療におけるメリットがあるにもかかわらず、国、厚生労働省はなかなか解禁に踏み切りません。政治家に影響力があるとされる医師会等が反対しているということもありますが、たくさん医療費を支払える人つまりお金持ちだけが医療を受けることにつながるために、国民皆保険制度が崩れてしまうという懸念があるとされるからです。
それではせめて、海外で安全性が確立されたりその治験に一定の効果が見込める場合は、一刻も早く保険診療として認める努力を国、厚生労働省は求められているといえます。また、そうした先進医療の拠点の整備を進め、地域で安心して医療が受けられる体制作りも同様に求められています。

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら