ガン保険を考える〜自由診療とは

 

 

自由診療とは、病気や怪我の治療を行うときに健康保険を適用することが出来ずに、全額自己負担で治療費を負担しなければいけないものです。
料金は医療機関が自由に設定することが出来るため、健康保険が適用される治療とは異なりかなりの高額な料金を負担することになります。
とくにガンの治療を行うときには、健康保険で適用できない国内未承認の薬を用いた治療を行いたいときには、自由診療の治療になってしまうため、患者や家族の金銭的負担は嫌でも増してしまいます。
そんな時、自由診療でのガン治療までもサポートしてくれるガン保険があります。
ガンと宣告された時の一時金に加えて、入院したときや手術に応じて、実際にかかった費用を支払ってくれるタイプの保険が販売されています。
自由診療で支払った場合の治療費も、保険会社の基準を満たしていれば治療にかかった金額を受け取ることが可能です。
ガン治療の最前線では、国内未承認の治療薬を用いた治療が沢山行われています。
少しでも患者により良い治療を受けさせてあげられるように、加入する保険選びは慎重に行うほうが良いでしょう。
特に働き盛りや、一家の大黒柱である人が保険に入る時は、治療費が家計を圧迫するケースが多いので、元気なうちから保険についてよく考えておきましょう。

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら