発生要因とは

 

 

 

がんは三大生活習慣病に数えられる疾患の一つですが、食生活や喫煙以外にも、部位によっては感染症が起因となることがあります。
食生活の変化は動脈硬化や糖尿病などの原因ともなりますが、脂っこい食事の他に塩分の摂り過ぎにも注意が必要です。
特に胃がんや大腸がんの発生要因は食生活です。
その中でも着目したいのは多様化や洋食化よりも、偏食と食事の時間です。
多様化は良いことなのですが、それをいかにバランスよく摂るかが大事なのです。
食生活というのは栄養のバランスに加えて、食べる時間も大切な要素です。
夜遅くに食べる習慣は胃腸に負担を与えることになります。
それが徐々に便秘や胃炎などの症状を生み、慢性化することでがんへと移行する要因にもなります。
また、タバコは肺がんだけでなく、食道がんや胃がんのリスクを高めます。
これも急性発症ではありません。
長年の習慣で徐々にリスクが高まるのです。
その他、肝臓がんは肝炎から肝硬変と移行する中で発症するものですが、肝炎はウィルスなどが要因であり、子宮がんも同じくウィルス感染によるものです。
ウィルスによるものは予防ワクチンなどがありますが、他のがんについては禁煙や食事をバランスよく規則正しく摂ることがポイントになります。

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら