ガンで死亡する確率

 

 

日本人の死因のトップに位置するのが、がんです。
治療技術も進化している中で、上位にあがるのは検診の受診率も低さです。
がんの初期症状は罹患する部位によっても違いがありますが、ほとんど自覚症状がないのが特徴です。
胃がんも胃もたれなど軽い不調で済ませてしまうこともあり、強い痛みや吐血がみられるような状態では、かなり進行している状態と言えます。
組織の上皮に留まっている状態では転移もみられず、顕著な症状もみられません。
しかし、浸潤の状態になり、別の組織へと転移する状態になると現代の医療技術でも難しいケースがあります。
がんの生存を分けるのは組織を深く広く拡大する浸潤に目安があり、早期の治療が必要になります。
また、部位ごとの罹患の傾向をみると、男性に多いのは食道がんや胃がん・肺がんであり、女性の場合は乳がん・子宮がん・大腸がんがあります。
大腸がんや肺がん・食道がんは進行具合によっては死亡の確率も高まります。
いずれも自己検診でみつかる場合が多いがんです。
自覚症状が出てからでは生存の確率も低くなります。
症状がない時期から受けておきたいのがガン検診であり、治療と共に検診技術が進化している中では微小ながんについても発見できるほどの精度があります。

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら