自由診療と保険診療の違い

 

 

自由診療とは公的保険が適用されない治療を受けたケースで、これに対して保険診療は社会保険や国民健康保険などの公的保険が適用される治療分です。
がん治療では健康保険が使える治療もありますが、がんの種類や進行によっては使えない時があります。
加えて国内で承認されていない抗がん剤による治療は先進医療でもなく、保険の適用外です。
国内の現状としては混合診療は認められていません。
先進医療や高度医療に関しては併用ができますが、それも厚労省が定めた治療に限られてきます。
こうした保険診療の現状を受けて、加入しておきたいのががん保険です。
がん保険には診断給付金があり、保険外の治療を初期の高額給付金でカバーすることができます。
先進医療の技術を受けた場合は保険診療の併用ができるので、先進医療特約をつけることで保険外の費用を保険金でカバーすることができます。
がん治療で保険診療と保険外診療、先進医療の大きくは3つの費用でみることができます。
それぞれどんな治療を受けるかで負担も変わってきますが、費用面を気にすることなく受けたいものです。
そのうち先進医療と保険外診療は全額自己負担になるため、その点を重点的にカバー備えていくのががん保険です。

 

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら