ガン保険を学ぼう〜癌とは

 

 

ガン保険で定義している血液のがんといわれている白血病なども含む広範な病気を意味しています。漢字で表される「癌」は悪性腫瘍、悪性新生物で塊として認識ができるものと狭い意味ですが、ひらがなやカタカナでがんと表記される場合は塊が出来ない白血病など治療方法が癌と同様、あるいは近いなどの理由があります。
癌については様々な研究者が諸説を上げていますが、現在のところ完璧な予防法は確立されていません。生活習慣病という研究者がいる一方、体質や遺伝という人もいるからです。ウィルスによって引き起こされる場合もあるとされています。またどんなに健康に気を使っていてもがんに罹患する人がいることを考えると、予防法よりも罹患したときの適切な対処方法と備えに重点を置いた方がシンプルに考えることができます。備えの一つが保険です。
癌治療に関しては、世界中の医療機関、医療関係者、製薬メーカーがしのぎを削って新しい治療法、新しい治療薬を開発している分野です。新しい治療法が出れば、新しい治療法に適用される保険が出てくるのです。最新の治療法にあわせた保険の定期的な見直しが必要な分野といえます。
保険の見直しと共に生活習慣も見直すことでリスクを減らすことが出来る病気なのです。

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら

ガン保険を学ぼう〜癌とは記事一覧

がんは三大生活習慣病に数えられる疾患の一つですが、食生活や喫煙以外にも、部位によっては感染症が起因となることがあります。食生活の変化は動脈硬化や糖尿病などの原因ともなりますが、脂っこい食事の他に塩分の摂り過ぎにも注意が必要です。特に胃がんや大腸がんの発生要因は食生活です。その中でも着目したいのは多様...

がんの罹患率は高齢になるほど高まりますが、その境目となる年齢が40代です。男性は職場などで行っている健康診断においてもバリウム検査などの胃がんの検診を行っており、女性も子宮がんは20代から、乳がんが40代から自治体も補助制度を設けるなど積極的な受診を推進しています。そうした検診の効果もあり、胃がんや...

日本人の死因のトップに位置するのが、がんです。治療技術も進化している中で、上位にあがるのは検診の受診率も低さです。がんの初期症状は罹患する部位によっても違いがありますが、ほとんど自覚症状がないのが特徴です。胃がんも胃もたれなど軽い不調で済ませてしまうこともあり、強い痛みや吐血がみられるような状態では...

5年相対生存率は治療の開始から5年を経過した時点での生存の割合を示すものです。がんは進行性を伴う疾患で、進行度に合わせてステージ毎で症状の重さを表しています。ステージ1は初期のがんで早期治療を始めれば、治癒率も高まります。ただし、これにも部位ごとに差が生じます。総じて循環器系のがんではステージ1でも...

自由診療とは、病気や怪我の治療を行うときに健康保険を適用することが出来ずに、全額自己負担で治療費を負担しなければいけないものです。料金は医療機関が自由に設定することが出来るため、健康保険が適用される治療とは異なりかなりの高額な料金を負担することになります。とくにガンの治療を行うときには、健康保険で適...

自由診療とは公的保険が適用されない治療を受けたケースで、これに対して保険診療は社会保険や国民健康保険などの公的保険が適用される治療分です。がん治療では健康保険が使える治療もありますが、がんの種類や進行によっては使えない時があります。加えて国内で承認されていない抗がん剤による治療は先進医療でもなく、保...

現在日本では、保険の適用方法により、3つの診療パターンが存在します。1つ目が保険診療です。保険が適用される診療のことで、診療費用の1部が患者の自己負担となります。小学校就学以降70歳未満の場合3割負担になります。2つ目が自由診療です。保険診療とは違い、保険が全く適用されません。診療費用は患者の全額自...

TPPにより変わるのは農産物の輸入だけでなく、医療の分野を大きく変える契機にもなることが指摘されています。国内では国民皆保険制度で会社員の方なら社会保険、公務員の方なら共済保険、自営業の方は国民保険と各種公的保険で自己負担をすれば医療を等しく受けることができます。これに対してアメリカが健康保険が発達...

混合診療とは、保険診療の対象になる診療行為と、保険外診療になる診療を同時に行う医療行為で、デメリットにもなりますがこの場合は本来なら保険診療対象分も全額自己負担になってしまうことです。逆にメリットは、海外などでは認可されている治療方法があり一定の効果があるなど有効だと証明されている治療が使える点です...