手術療法

 

 

がん治療はいかに転移・再発を抑えるかに掛かり、選択によってはクオリティ・オブ・ライフを左右するものです。
そのため医師は患者が望む最適な治療を検討することになり、その中の一手段として行われるのが手術療法です。
従来のがん治療は手術が中心で、がんの病巣を切り取ることで組織内外への転移を防ぐというのが目的でした。
しかし、身体にメスを入れることで治癒に時間が掛かり、患者にとっては身体的負担は大きくなります。
胃がんを例にとると、胃を切除することでがんの病巣を取り除いても、食事が取れるまで回復するのには時間が掛かり、食生活にも制限が掛かることになります。
そうした身体への負担を少なくするために、腹腔鏡や内視鏡を用いた手術などで短時間かつ最小限に切除範囲を留める手術も多くなっています。
また、がんの病巣を切除しやすくするために放射線治療や抗がん剤を併用することがあります。
加えてがんの罹患部位によってはメスを入れられない場合もあり、抗がん剤治療を主体にするケースもあります。
単独で行うことは少なく、完治までの最短距離で選択するのが手術です。
進行度合いやがんの種類、患者の治療後の生活の質を考える中で手術による外科療法が取られます。

 

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら