温熱療法と代替療法

 

 

がんの診断を受けると、ほとんどは手術や抗がん剤などの治療を受けて高額な治療費がかかります。
そんなときには癌保険に入っておくと、給付を植えることができます。
がん保険で保険金給付に適用される内容としては、「入院」「通院」「手術」「抗がん剤治療」「放射線治療」など医療機関での治療に関して給付されるのです。
またがんの治療に関して、代替療法を受けることもあります。
抗がん剤や放射線治療と併用する場合もあれば、単独で受ける場合もあります。
代替療法には免疫療法や温熱療法などがあるのですが、それらを受けるにしても高額な費用は掛かります。
しかし代替療法の中には健康保険が適用するものや、がん保険やその他の生命保険で給付金の対象になるというものもあります。
また「がん診断一時金」という給付に関しては、どのような治療をするかは問われないので、受け取った給付金は民間療法や代替療法にも利用することができるのです。
がん保険に加入していても、いざがんになって治療法を選ぶときに、希望の治療法が給付金の対象になるかどうかをあわてて調べることにならないように、がん保険に加入をするときに、どのような治療が保険給付金の対象になるのかを事前に把握しておくことは大切なことです。

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら