免疫療法

 

 

 

人間には免疫機能があり、体内に侵入したウィルスを攻撃する働きがあります。
この働きをがん細胞を攻撃・排除する治療法として確立が進んでいるのが免疫療法です。
免疫の働きを利用した治療では他の治療法による副作用も少なく、他の臓器へのダメージも少ないため第4の治療法として注目されています。
がんの治療は進行や部位によって手術による外科療法、放射線治療、抗がん剤によるものがあります。
外科手術はがん細胞に侵された部位を切除することで他への転移を防ぐことを狙いにしています。
ただし、これが効果的になるのはがんの進行度によって左右されます。
また、放射線治療はがん細胞を小さく・死滅させることで治療を行うものですが、他の臓器へのダメージへの心配も残ります。
加えて先進医療になるため、治療費が高額になります。
抗がん剤についても激しい副作用を起こすことがあり、また進行度によって使える薬も限られてきます。
もちろん、第4の治療法である免疫利用もがんの進行ステージによって左右されますが、他の3者と比べて副作用が少ないのが特徴で、通院での治療も可能です。
なかでも免疫細胞療法は粒状細胞の働きを活かし、がん細胞を攻撃するリンパ球の活動を支援するワクチン療法の一つで注目されています。

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら