化学療法

 

 

がん治療における化学療法は抗がん剤投与が主体です。
この抗がん剤の投与の目的はがん細胞の小さくし、進行を遅らせたり、増殖による転移などを防ぐ点です。
手術の前では抗がん剤でがん細胞を小さくして除去しやすくしてから行うことがあります。
また、手術では完全に取り切ることも不可能であるため、転移を防ぐ意味でも投与します。
放射線治療などと組み合わせて行うこともあり、幅広く治療で用いられます。
副作用は個人差がありますが、髪の毛が抜ける、吐き気などを伴うケースも少なくありません。
投与は何回かに分けて、効果をみるのが通常で、また進行に合わせて薬を変えていきます。
血液やリンパのがんなども、この療法が主体で、骨髄移植の前に増殖・転移を防ぐことから投与されます。
以前は入院して投薬を受けることも多かったのですが、通院治療でも可能になっています。
がん保険でも抗がん剤治療に関する保障を特約で手厚くしているものがあります。
一方で診断給付金に十分な金額を得ることができれば、治療法や投薬の選択肢を増やせることになります。
投薬はがん治療では必ず前提になるもので、複数の回数・種類になることが想定されます。
また、進歩の著しい分野でもあるので、少し先の医療が受けられるように追加や解約が容易であることもポイントになります。

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら