上皮内ガンと一般的な癌との違い

 

 

悪性新生物である癌細胞は、正常だった細胞が何らかの原因で変異を起こし、身体の調和を無視して勝手に自律的に増殖を続け、止まることがありません。さらに、同じ場所で増殖するだけでなく、周囲の組織との境界を破壊したり、滲み入るように侵入して増殖します(浸潤)。また、血液やリンパ管を通じて離れた臓器に転移してまいます。癌は、転移している病巣も含め、取りきれなかった場合は、再発の可能性があります。さらに、癌組織が、正常組織が摂取しようとする栄養を取ってしまうため、身体が衰弱していまい、生命を蝕んでいきます。

 

一方、上皮内新生物は、英語ではIntraepithelial Neoplasia(Neoplasm)といいます。上皮内腫瘍とも呼ばれています。以前は、上皮内ガン(Carcinoma in situ)と呼ばれていたものです。癌であるcancerと区別されています。
上皮内新生物は、上皮内(大腸は「粘膜内」)にとどまって、浸潤をしません。また、上皮内にはリンパ管・血管が通っていないため、転移をする可能性もありません。これらの点が悪性新生物と大きく異なります。多くの場合、良性新生物と同様の手術で根治し、病変を取りきれば治癒するといってもいいです。再発の可能性もありません。

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら