放射線療法

 

 

がん治療の方法は、主に、手術、抗がん剤、放射線療法になります。
昨今では、免疫療法というものもありますが、病院で保険が使える診療は上の3つです。
その中でも、がんを切除する手術や、薬でがん細胞を滅失させる抗がん剤治療などと比較して、
放射線治療がどんな治療方法なのか世間的には知られていないのが現状でしょう。
がんに対しての放射線治療には、1・腫瘍の縮小、2・再発の防止、3・痛みの軽減、という3つのの目的があります。
1の腫瘍の縮小とは、放射線治療は細胞に対して多様な作用を及ぼしますが、
がん治療に使用する場合は、がん細胞に対して放射線を照射し、滅失する事が目標になります。
手術に比べると体へのダメージが弱いことも大きな特徴の一つです。
続きまして2の再発の防止ですが、がん細胞は極小なので、
手術後も患部の周りに目視では確認出来ない大きさのがん細胞が残存する可能性があります。
その残存するがん細胞を放射線で滅失し、再発する可能性を少なくします。
特に乳がんでは術後の再発予防に放射線照射をおこないます。
最後に3の痛みの軽減は、がんには痛みが常に伴いますが、その痛みを放射線照射で緩和する方法があります。
特に骨への転移した場合の痛みは、かなり軽減することができます。

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら