ガン保険と上皮内ガン

 

 

ガン保険で上皮内ガンほど保険会社の保障内容が分かれるものはありません。ある保険会社は上皮内ガンもがんだからという理由で通常のがんのときと同じ保険金を給付するところが、他の保険会社は上皮内ガンは転移の心配もほとんどないからがんではない、保険金も通常のがんの10分の1という差があります。
一番顕著なのは診断給付金です。保険会社によって、支給額が大きく違います。支給額が全額のところと10分の1ではかなり違いますが、治療が必要であることは間違いないので、加入している保険会社によって自己負担額が大きく変わってきます。またがん関連の保険については特約も含めて、今後別の会社のがん等を保障してくれる保険に加入できるかどうかというところにも影響をしてくるのです。
がんに対して保険で備える方法はいくらでもありますが、保険会社ががんという病気に対してどのようなスタンスを持っているかで大きく変わってきます。上皮内ガンに対しての保障を比べて比較検討するという方法もあります。もし保障内容などでわからないことがあればネットで気軽に調べるところから始めてみるという方法もあります。
がんという病気を知りたいのであれば、健康診断の際に医師に気軽に尋ねてみてもいいでしょう。

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら