ガン保険講座〜ガンの治療法について

 

 

 

近年、ガンは早期発見で完治の見込みがあります。そのため、ガン検診が公的機関などから勧められています。しかし、ひと度ガンに罹患すれば、大きな治療が必要になります。もっとも最近では、患者の心理面を考慮し、家族との時間を大切にするため、通院治療を勧めている医師も多くなっています。ともあれ、ガンになれば、メインの治療法があり、三大治療とも呼ばれています。まず、一つ目が、手術療法です。その名の通り、患部を切り取る治療であり、外科が得意とするものです。二つ目が、化学療法になります。これは、抗がん剤を血液に投与し、ガンの働きを休止させることが狙いです。白血球がゼロとなるため、無菌室での治療となります。最後に、放射線療法です。これは、放射線を利用したもので、部分照射と全体照射があります。以上、ガンの三大治療法になりますが、いずれもガン保険の保障対象です。それぞれに給付金が設定され、加入者が請求することで、該当のお金を受け取れるようになります。なお、三大治療においては、それぞれ副作用があります。たとえば手術においては、目に見えない細菌が他の器官へ移動してしまい、再発の原因となり得ます。また、抗がん剤は、嘔吐や頭痛などを引き起こします。さらに、放射線でも、似たような副作用が確認されています。いずれにせよ、体への負担も大きい治療法であることに変わりはないでしょう。

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら

ガン保険講座〜ガンの治療法について記事一覧

がん治療はいかに転移・再発を抑えるかに掛かり、選択によってはクオリティ・オブ・ライフを左右するものです。そのため医師は患者が望む最適な治療を検討することになり、その中の一手段として行われるのが手術療法です。従来のがん治療は手術が中心で、がんの病巣を切り取ることで組織内外への転移を防ぐというのが目的で...

がん治療の方法は、主に、手術、抗がん剤、放射線療法になります。昨今では、免疫療法というものもありますが、病院で保険が使える診療は上の3つです。その中でも、がんを切除する手術や、薬でがん細胞を滅失させる抗がん剤治療などと比較して、放射線治療がどんな治療方法なのか世間的には知られていないのが現状でしょう...

がん治療における化学療法は抗がん剤投与が主体です。この抗がん剤の投与の目的はがん細胞の小さくし、進行を遅らせたり、増殖による転移などを防ぐ点です。手術の前では抗がん剤でがん細胞を小さくして除去しやすくしてから行うことがあります。また、手術では完全に取り切ることも不可能であるため、転移を防ぐ意味でも投...

人間には免疫機能があり、体内に侵入したウィルスを攻撃する働きがあります。この働きをがん細胞を攻撃・排除する治療法として確立が進んでいるのが免疫療法です。免疫の働きを利用した治療では他の治療法による副作用も少なく、他の臓器へのダメージも少ないため第4の治療法として注目されています。がんの治療は進行や部...

がんの診断を受けると、ほとんどは手術や抗がん剤などの治療を受けて高額な治療費がかかります。そんなときには癌保険に入っておくと、給付を植えることができます。がん保険で保険金給付に適用される内容としては、「入院」「通院」「手術」「抗がん剤治療」「放射線治療」など医療機関での治療に関して給付されるのです。...

造血幹細胞とは、骨の内部にある骨髄に存在し、造血作用に大きな役割を果たします。赤血球、白血球、血小板等の血液細胞のもとになると同時に、自身のコピーも作ることで、骨髄が枯渇しない仕組みになっています。造血幹細胞移植は、主に白血病やリンパ腫等の患者に対する治療法として用いられます。まずは前処理により、腫...

悪性新生物(ガン)は、浸潤(周囲にある組織の境界を破壊、あるいは滲み入るように侵入して、増殖すること)、また転移(血液やリンパ管を通って身体の別の臓器へ移動し、またそこで増殖すること)という性質をもっており、私たの生命を脅かす場合もあります。一方、上皮内新生物は、Intraepithelial Ne...

悪性新生物である癌細胞は、正常だった細胞が何らかの原因で変異を起こし、身体の調和を無視して勝手に自律的に増殖を続け、止まることがありません。さらに、同じ場所で増殖するだけでなく、周囲の組織との境界を破壊したり、滲み入るように侵入して増殖します(浸潤)。また、血液やリンパ管を通じて離れた臓器に転移して...

ガン保険で上皮内ガンほど保険会社の保障内容が分かれるものはありません。ある保険会社は上皮内ガンもがんだからという理由で通常のがんのときと同じ保険金を給付するところが、他の保険会社は上皮内ガンは転移の心配もほとんどないからがんではない、保険金も通常のがんの10分の1という差があります。一番顕著なのは診...