高校の学費と教育費、公立と私立の違い

 

 

子供を持つ親にとって、子供にかかる将来の教育資金は非常に多額となり、生涯で大きな出費の一つと言われています。子供の数が増えればその分子供にかかる教育資金も増えて行きますので、親にとっては非常に重要な出費でもあります。学校の授業料だけではなく、近年では塾に通う事が当たり前になって来ていますので、その分の学習塾資金までも必要となります。そのため、高校の受験の際には公立か私立に通わせるのか等の選択を迫られる事があるでしょう。
そもそもなぜ学校の種類によって授業料等、3年間通う事でかかる費用が異なってくるのでしょうか。大きくは教師のコストにあります。まず公立に関しては教師が公務員のため彼等の給与は国民の税金によってまかなわれる事になりますが、私立の教師は公務員ではありませんの、生徒からの授業料等から費用が発生する事になります。人件費の部分が非常に大きく関わって来ますので、学校を選択する際には親にとって非常に重要な問題となります。しかし学校や地域によって学校に通う事で発生する必要資金は大きく変わって来ます。そのため、まずは事前に明確な費用を確認し、いくつかの学校と比較する事で高いのか安いのかを判断する事が出来るでしょう。

 

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら