加入目的を明確にしよう

 

 

世の中には数多くの保険商品が存在しており、将来への不安からいくつもの保険に加入する事ではなく、一つ一つ明確な目的を持った上で各種保険に加入する様にしましょう。近年、様々な特約等の付帯サービスも出て来ておりますので、すべて付帯させてしまうと月々の支払いが多くなり、経済的に負担をかける可能性がありますので、必ず明確にしておきましょう。
様々な保険の種類の中でも、近年注目を集めているのが貯蓄性のある商品です。銀行等への貯金を続けても少ない金利しか返ってこない為、貯蓄性のある保険商品は貯金の変わりとしても人気があります。例えば、死亡保障の生命保険に加入している際、満期保険金が支払った金額よりも高ければ非常に有益な貯蓄をしたと考える事が出来ます。医療保険でも同様の事が言え、各種生命保険商品でも商品によっては貯蓄と考える事が出来ます。学資保険と呼ばれるこども保険も、支払った金額よりも多い金額を受取る事が出来ますし、民間保険会社による個人年金も同様の事が言えます。しかし貯蓄と大きく違う点は途中で引き出す事が出来ない点であり、途中解約の場合元本割れの可能性がありますので、月々の支払いに無理のないようにする事を前提にしておきましょう。

 

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら