月々の保険料はどうするのか

 

 

生涯、大きな買い物の一つと言われるのが生命保険です。月々の支払い金額は大きくありませんが、トータルの金額で考えると非常に高額な買い物と言えます。満期保険金や解約した際の解約返戻金等、学資保険と言われるこども保険では入学等の祝い金等という手元に戻ってくる事もありますが、支払う金額で見ると非常に大きな買い物のため、月々の支払いは余裕を持って行う事が大前提です。
月々の保険料は必ず家庭の生活資金を大きく圧迫する事がないようにしなければいけません。そして、本当に必要な補償に限って契約する事をお勧めします。近年の保険商品には様々な特約と呼ばれる付帯サービスがあり、こんな病気まで補償してくれるのか等と、必要ないものまで付帯させてしまう危険性があります。補償してほしいリスクが増えれば増える程、保険にかかる費用もかさみます。例えば医療保険に関しては、社会保険に加入している人であれば、病気をした時等にはある程度の医療費を受給する事が出来ますので、社会保険でカバー出来ない補償を保険で考えた方が良いでしょう。年金も同様で公的年金をベースに、さらに上乗せで個人年金等の保険商品を検討する事で、主体となる保険があり追加で補償範囲等を広げる事で効果的な保険を持つ事が出来るでしょう。

 

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら