大学の入学時にかかる費用の平均

 

 

大学入学時にかかる初期費用についてお話します。
まず、安めなのが国立大学です。大体、入学金と授業料で約82万です。次に公立大学です。こちらは少し上り94万円前後です。国公立の大学は、場所によっては施設費・実習費・諸会費等も納めないといけないところもあります。
次に、私立大学ですが、私大は国公立と違い入学金と授業料の他に施設設備費が必ず含まれます。それも踏まえた上で私立大学の平均として、私立文系は約120万、私立理系は約150~160万、私立医歯系は大学により幅があります500~800万ぐらいかかります。
これは、授業料や入学金(私大は施設設備費含め)だけの金額です。入学準備で意外な落とし穴はその他にもあります。自宅から通うならまだいいのですが、一人暮らしするお子様だと引っ越し・家賃・家の契約金・仕送りなど大学関係以外のお金もかかります。
こうしたことから、考えるともし学資保険を考えているのなら大体1人300万円出るものがいいです。私大医歯系は特殊の科なので十分話しあった上で検討した方がいいです。今の学資保険だと、医療保障のついてるものも多数あるので学資保険と医療保険を2重で加入する必要はないです。ただ、大学入学後も学資保険金で賄いたいというのは考えた方がいいです。毎月の保険料がすごく高額なので現段階の家計を圧迫しかけないので十分、家計との兼ね合いをみて加入を検討してください。
最後に、学資保険金の支給日も確認しとくことをおすすめします。支給日よりも早く学費納めなくてはいけなくなった場合、高額なお金を先に用意しなくてはいけなくなるので注意です。

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら