中学校の学費と教育費、公立と私立の差

 

 

いろんな会社から学資保険は販売されていますが、重要視されるポイントは返戻率の高さとお金を受けとる時期です。
返戻率とは、支払った保険料に対してどのくらいのお金が戻ってくるかを表す数字で、支払った金額よりも多い金額を受け取れる学資保険に人気が集まります。
その一方でお金を受け取るタイミングがいつ訪れる学資保険なのかを確認しておくことが重要です。
満期時に一括でお金を受け取る方法と、一時金やお祝い金といって、学校の入学時期に合わせてお金を受け取ることの出来る契約内容にしてある場合もあります。
例えば中学校の場合ですが、公立と私立では必要になる教育費に大きな差が生まれます。
データによると、公立の場合は3年間でおよそ142万円が必要になるといわれています。
授業料は無料ですが、そのほかに給食費や実習材料費、修学旅行費などが必要になります。
私立の場合は、3年間でおよそ381万円が必要になるといわれており、公立の3倍近くにまで膨れ上がります。
この中には、学校以外の学習塾などで勉強する場合の月謝料金なども含まれていますが、家計における負担はかなり大きいでしょう。
そのため、学資保険で一時金を受け取れるような契約をしておくと、かなり金銭的負担を減らすことが可能です。

 

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら