貯蓄性の高い保険で代替可能か

 

 

近年、個人投資家の増加等将来への経済的な不安から今の段階で資産の運用を始めている人も増えて来ました。そして各種運用方法も多岐に渡りますので、どのように資産を運用する事が適しているのかを判断するのも難しくなって来ました。しかし各種メリットとデメリットを確認しておけば、自分にあった運用方法が必ず見つかるはずですので、一度そういった視点から資産運用を見てみましょう。
例えば、生命保険等に加入している人は多いと思いますが、近年貯蓄性にも注目が集まり、資産運用方法の代替案の一つとして各種貯蓄性のある商品が発売されています。長期的に積み立てて行く民間企業による個人年金商品や、子供を持つ親にとって将来への教育資金の不安を軽減してくれる学資系等多岐に渡りますが、貯蓄性のある商品は銀行への預金や定期預金とどちらの方がいいのか。まず金利面では各種商品の方が高い場合が有りますが、デメリットとしては途中解約での解約返戻金の元本割れリスク等が考えられますので、どれぐらいの期間保有したいのか、どれぐらいの金額が増える事を目的にしているのか、等各種目的を詳細に決めておくと銀行での貯蓄よりもメリットを感じる事が出来るかもしれません。

 

 

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら