学資保険の選び方

 

 

 

学資保険の魅力は確実に子どもの教育資金を準備できる点です。
預貯金で教育資金を備えることも良いのですが、保険であれば引き出しにくいということもあり、貯蓄下手の方には向いています。
また、子どもが成長していく中で、親の万一のことがあれば、死亡時以降の保険料の支払いが免除になる他、子どもの進学時に育英年金などのカタチで給付される仕組みになっています。
もちろん、満期時には保険金が給付され、教育資金を余裕をもって準備することができます。
選び方の中で先ずポイントとなるのが返戻率です。
貯蓄性の性質を持つ保険であるため、返戻率が高いところを選ぶのも一案です。
しかし、それに加えて大事な点としては子どもの進学時に合わせて柔軟に給付時期を選べるかという点です。
子どもの進学時期は誕生の頃から想定できすます。
できるだけ早く加入する方が保険料も安いのですが、高校・大学入学時等どの時期に照準を合わせるかでも、保険のメリットは変わってきます。
保護者の万一の保障は生命保険に加入しているのであれば、ある程度はカバーできます。
むしろ、重複する点もあり、重きを置かない方が良いでしょう。
また、子どもの医療保障に関しても、公的な補助制度が整っています。
そうした万一の保障の厚さよりも、返戻率や給付時期・方法などが柔軟に選べる仕組みになっているかが選び方のポイントになります。

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら

学資保険の選び方記事一覧

世の中には数多くの保険商品が存在しており、将来への不安からいくつもの保険に加入する事ではなく、一つ一つ明確な目的を持った上で各種保険に加入する様にしましょう。近年、様々な特約等の付帯サービスも出て来ておりますので、すべて付帯させてしまうと月々の支払いが多くなり、経済的に負担をかける可能性がありますの...

生涯、大きな買い物の一つと言われるのが生命保険です。月々の支払い金額は大きくありませんが、トータルの金額で考えると非常に高額な買い物と言えます。満期保険金や解約した際の解約返戻金等、学資保険と言われるこども保険では入学等の祝い金等という手元に戻ってくる事もありますが、支払う金額で見ると非常に大きな買...

現在の日本には多種多様な保険商品が存在しており、様々な顧客のニーズに合わせた新たな保険も多く登場しています。その中でも注目されている保険の一つがこども保険等と呼ばれる事もある、学資保険です。子供に対する教育資金は非常に多くの学資金を要する事があり、急な資金が必要になった際にこの保険は非常に重要な役割...

近年、個人投資家の増加等将来への経済的な不安から今の段階で資産の運用を始めている人も増えて来ました。そして各種運用方法も多岐に渡りますので、どのように資産を運用する事が適しているのかを判断するのも難しくなって来ました。しかし各種メリットとデメリットを確認しておけば、自分にあった運用方法が必ず見つかる...

いまやお受験戦争といわれて久しい日本の受験事情。しかしバブルもはじけて就職氷河期といわれてからも長く、成人式だった若者のアンケートによると、将来に目標が持てないものが多くいたようです。生まれた時点ですでに経済は悪く、先行きが不透明ななかであがき続ける親の背中を見て育った若者に、新時代は君たちが握って...

いろんな会社から学資保険は販売されていますが、重要視されるポイントは返戻率の高さとお金を受けとる時期です。返戻率とは、支払った保険料に対してどのくらいのお金が戻ってくるかを表す数字で、支払った金額よりも多い金額を受け取れる学資保険に人気が集まります。その一方でお金を受け取るタイミングがいつ訪れる学資...

子供を持つ親にとって、子供にかかる将来の教育資金は非常に多額となり、生涯で大きな出費の一つと言われています。子供の数が増えればその分子供にかかる教育資金も増えて行きますので、親にとっては非常に重要な出費でもあります。学校の授業料だけではなく、近年では塾に通う事が当たり前になって来ていますので、その分...

大学入学時にかかる初期費用についてお話します。まず、安めなのが国立大学です。大体、入学金と授業料で約82万です。次に公立大学です。こちらは少し上り94万円前後です。国公立の大学は、場所によっては施設費・実習費・諸会費等も納めないといけないところもあります。次に、私立大学ですが、私大は国公立と違い入学...

大学在学時にかかる費用 授業料,自宅外通学,生活費 大学在学時にかかる費用 "大学の授業料および入学金というのは非常にかかるというようなイメージを持っているものですが、私立であるのか、効率であるかという事でもかなり違いがありますし、学部によっても違いがあるというように考えたほうがいいでしょう。たとえ...