子供一人当たりの教育費とは

 

 

最近では、子どもの教育費に不安を抱いている親が非常に増えていると言います。
子ども一人当たりにかかる教育に掛かる費用は、大学まですべて公立に進学した場合には1千万円以上、
仮に幼稚園から大学まですべて私立に進学した場合には、医学部系であればなんと一人当たり4千万円以上ともいわれます。
少子化が進んでいると言っても、兄弟がいらっしゃるご家庭も多いので、実際の費用は子どもの数だけかかることを考えると
不安を抱くのも頷けます。
このような将来の費用に備えて人気なのがやはり学資保険です。
学資保険は、満期時に保険金が受け取れますので、掛け捨てではありません。
また、所得税の生命保険料控除を受けられるというメリットがあります。
また、貯蓄で準備する場合に比べて、
契約者である親に万一のことがあっても、以降の保険料支払いが免除されますので、
その後の資金が確保でき有利であるといえるでしょう。
学資保険は、生保各社がこぞって様々な商品を出しておりますので、
ご自身のプランにあったものを比較検討することが必要です。
ショッピングセンターなどにある保険の相談窓口でも各社の比較をしてくれますので、
一度足を運ばれてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら