子ども手当てはいくら貰える?

 

 

学資保険とは子供が高校や大学に進学する際にしっかりと積み立てて入学の時の学費をそちらの保険積み立てより負担する様な保険です。毎月積み立てを行なっていきますが、なかなか高額の積み立てをするのには限界があります。今、子ども手当てなどの国からの補助は月額1万円支給されています。二ヶ月に一度一緒に支払があり2万円支払われます。子どもが3歳までですと一月2万円ですので二ヶ月で4万円支払があります。その手当ても中学生を卒業するとなくなります。月額でしっかりもらえるのがなくなってしまうのです。国もしっかりとしたサポートをしなければなかなか少子化に歯止めは利かないでしょう。民主党が政権を握っていた頃にも、月に2万6千円でといっていたのですが、ふたを開ければその半額の1万3千円だけの支給でした。その後所得税の控除を16歳未満の子どもははずすことになり結局現在の1万円の支給へと変わりました。当時は高校無償化なども公約に明記されていて少しの間のみ実践されたのですが、現状では国の予算が無く有料へと戻されています。そういった学費の不安はこれからもあります。出来るだけ毎月の積み立てで少しでも学費などの不安が無くなれば良いでしょう。

 

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら