育英年金とは

 

 

育英年金とは、学資保険(こども保険)に加入している保険契約者(親)が死亡したり、高度障害になったりした際に、学資保険が満期になるまで所定の金額が受け取れるものです。例えば、保険金が300万円だとすると、36万円(保険金の12%の場合)が契約の満期日まで毎年支払われます。

 

また、保険料の支払いが免除されるとともに、満期学資金は契約通り受け取れるので、保険料を支払わなくても満期学資金と満期までの年金がダブルで受け取れるのが最大のメリットと言えます。

 

非常にお得になっていますが、保障が手厚いだけに返戻率が100%を下回るのが一般的です。従って、保険契約者が満期まで保険料を支払ったとしても、満期学資金は払込保険料よりも少なくなります。また、保険契約者が他の死亡保障の生命保険に加入していると保障内容が重複することになり、保険料も二重に支払うことになります。 

 

なお、毎年子どもが受け取る年金は所得税と住民税の対象となります。そのため、年金の額から払込保険料を差し引いた額が基礎控除の38万円を超えると、所得税を支払わなければなりません。さらに、保険契約者である父親が死亡して子どもが受取人であった場合は、子どもは母親の扶養親族ではなくなるため、扶養控除(児童手当・医療手当など)を受けられなくなります。

 

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら