学資保険と貯金の違い

 

 

学資保険は子どもが生まれると、検討する方も多いのではないでしょうか。子どもの教育資金の積立として活用されている保険で、基本的には大学入学時の教育費を積み立てと考えて、18歳満期で契約するものがありますが、15歳や22歳満期のタイプもあります。貯金と違う点は生命保険料控除の対象となりますし、契約者である親に万が一のことがあった場合、払込免除や育英年金という制度がありますので安心です。預貯金と比較して利回りも良いですし、毎月定額の引き落としがありますので、計画的に準備していくことが出来ます。ただ換金性が低く途中解約となると元本割れするという面もありますし、固定金利となっているのでインフレに対応していません。
預貯金はいつでも引き出し可能で変動金利なのでインフレに対応出来ます。ただ生活費などの出費の変動により計画的に準備が出来ない可能性や、金利が低いなどのデメリットもあります。契約者に万が一の事があった場合の保証などもありません。
家庭によって保険の考え方は違いがありますが、保険だけで教育資金をまかなおうと考える方は少数派で、子どもの可能性を考えて、その他の積み立てをしている方も多いです。ないよりも子どもの教育資金は計画的に早めに準備をスタートすることが大切です。

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら