学資保険のデメリット

 

 

 

生涯生きて行く上で、非常に多額資金を要する事の一つに子供の教育資金が上げられます。学校への入学や教育、勉強道具から塾等の習い事への費用等多岐に渡り、期間も長期的になります。そんな子供を持つ親にとって注目されているのが、こども保険等と呼ばれる事もある学資保険です。満期保険金が受取れたり、入学等の子供のイベントの際に祝い金として保険金を定期的に受取る事が出来る保険です。貯蓄性があり、計画的に資金を残す事ができ、計画的に資金を受取る事が出来るのがメリットとしてあげられますが、逆にデメリットはあるのでしょうか。
まず一つ目が金利のデメリットです。この保険商品の多くが契約時に金利が決まっており、長期的に同じ金利で増やして行きますので、銀行での貯蓄の方が金利が変動するため金利面で貯蓄よりも損をする可能性があります。そして保険金受取りに際し、金額によりますが多額の保険金を受取る契約にしていると税金の徴収が行われます。税金が徴収されると受取れる金額が下がってしまうので、その分損した事になってしまいます。そしてもう一つのデメリットが、途中解約の場合に元本割れをする可能性がある点です。契約時に確認する事は出来ますが、予定よりも早く解約してしまうと元本割れの返戻金しか残らない可能性がありますので、そういった点には注意が必要です。

 

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら