学資保険について詳しく学ぼう

 

 

 

本来、学資保険とは子どもの教育資金のための貯蓄や、子どもに万が一ケガや病気があった時に備える保険です。最近では、産まれた時から保険に加入する家庭が増えてきました。あらゆる保険会社が学資に力を入れて、多くの子どもたちのために最善のプランを提供しています。その中でもおすすめなのが、アフラックの夢見るこども保険です。こちらでは、大学入学時に満期保険金が受け取れる17歳満期と18歳満期があります。毎年大学入学時の必要な費用が250万円くらいなので、多くの方が300万円を満期金として保険に加入しています。産まれたて時に加入したならば、一ヶ月の保険料が15000円くらいです。少し高いと思われるご両親もいますが、子どもが18歳まで長期にわたりケガや病気になったときにも補助してくれるメリットがあります。また、こども保険の満期時の返戻金率を見れば、110パーセントとかなり高いのが分かります。そして、特徴としては万が一ご契約者様すなわちご両親にもしものことがあった場合は、保険料がその時点で免除になります。しかし、保険の満期時にはきちんと満期金が支払われるので何も心配はいらずに、子どもを大学まで行かせることができます。子どもの将来のことを考えるのならば、学資にお早めに加入されることをおすすめします。

 

 

 

 

リクルートカードの詳細ページはこちら

学資保険について詳しく学ぼう記事一覧

学資保険の必要性ということでいえば、やはり子供を育てていくうえで十分に教育をしたいという事であったり、そのために必要なお金をしっかりと確保して行きたいというような考えを持つ人には重要なものの一つとなるものです。毎月子供のために貯金をしようといっても、冠婚葬祭であったり、レジャーであったり、自分の趣味...

最近では、子どもの教育費に不安を抱いている親が非常に増えていると言います。子ども一人当たりにかかる教育に掛かる費用は、大学まですべて公立に進学した場合には1千万円以上、仮に幼稚園から大学まですべて私立に進学した場合には、医学部系であればなんと一人当たり4千万円以上ともいわれます。少子化が進んでいると...

学資保険とは子供が高校や大学に進学する際にしっかりと積み立てて入学の時の学費をそちらの保険積み立てより負担する様な保険です。毎月積み立てを行なっていきますが、なかなか高額の積み立てをするのには限界があります。今、子ども手当てなどの国からの補助は月額1万円支給されています。二ヶ月に一度一緒に支払があり...

学資保険は子どもが生まれると、検討する方も多いのではないでしょうか。子どもの教育資金の積立として活用されている保険で、基本的には大学入学時の教育費を積み立てと考えて、18歳満期で契約するものがありますが、15歳や22歳満期のタイプもあります。貯金と違う点は生命保険料控除の対象となりますし、契約者であ...

学資保険というものは、いわゆる子供のための貯金と同じものだろうというように考えている人も多いことでしょう。確かに子供のためにお金を貯めていくという行動は必ず必要となってきます。最近では所得制限つきではありますが、いろいろと無償でサービスを受けるという事も出来る様になっているということもあり、医療費や...

生涯生きて行く上で、非常に多額資金を要する事の一つに子供の教育資金が上げられます。学校への入学や教育、勉強道具から塾等の習い事への費用等多岐に渡り、期間も長期的になります。そんな子供を持つ親にとって注目されているのが、こども保険等と呼ばれる事もある学資保険です。満期保険金が受取れたり、入学等の子供の...

育英年金とは、学資保険(こども保険)に加入している保険契約者(親)が死亡したり、高度障害になったりした際に、学資保険が満期になるまで所定の金額が受け取れるものです。例えば、保険金が300万円だとすると、36万円(保険金の12%の場合)が契約の満期日まで毎年支払われます。また、保険料の支払いが免除され...

近年、育英年金付き学資保険の需要率が増えてきています。しかし、この保険について子どもをお持ちの方の中で、まだ知らない人も多くいます。内容とは、学資保険に加入している契約者が万が一亡くなられり障害を負った場合に、その時点で保険料の支払いは免除になります。しかし、子どもが成長して到来した満期日には、きち...

最近少しずつ需要が高まりつつある育英年金。この保険の特徴は、万が一契約者である親が亡くなられたり障害を負った場合に、保険料がその時点で免除になります。しかし、満期時には学費や生活費となる保険金は支払われるので心配要らないと言えます。このようなプラスのポイントも存在する中、反対にマイナスポイントもあり...