包括信用購入あっせん(クレジットカード)

 

包括信用購入あっせんとは、信用購入斡旋の種類の一つです。

 

信用購入斡旋では、消費者が物を購入するときに、その場では代金をクレジット会社が払います。

 

 

そして後日、消費者がクレジット会社にその購入金額を支払う、という形式の買い物の手法をいいます。

 

この商品の購入方法は、買い物をするたびに消費者とクレジット会社が与信契約を結んでいることになります。

 

与信契約とは、お金を貸し借りするなど、信用をもとに成立する契約をいいます。

 

よって、クレジットカードで買い物をするということは、消費物から見れば短期での借金をしているのと同義だといえます。

 

購入あっせんには、主に二種類の分類があります。

 

一つは個別の信用購入あっせんです。

 

信用購入あっせんでは、消費者は商品を購入する契約ごとに、クレジット会社と与信契約を結びます。

 

この方法は自動車の購入などの場合に主に利用されます。

 

もう一つは包括的な信用購入あっせんです。

 

一般的に知られるクレジットカードサービスは、包括的信用購入あっせんに当たります。

 

この方法は、一定期間に成立した購入者の買い物を、一定期間ごとにまとめてクレジット会社に支払っていく方法です。

 

消費者は、定められた期間にクレジット会社と契約した限度額内でしか買い物ができません。