信用購入あっせんとクレジット方式による分類

 

信用購入あっせんクレジット方式には2通りのクレジット方式があり、クレジットカードを活用した包括信用購入あっせんと個別にクレジットを設定する個別信用購入あっせんがあります。

 

上記あっせん方式の違いはクレジットカードを用いるか否かとなりますが、一般的に個人の生活に浸透しているのは前者の包括信用購入あっせんとなっております。

 

前者は該当する信用購入(現金の持ち合わせがなくても物品等の購入が可能となるしくみで、支払いを分割とするなどの利点あり)する上でのしくみですが、要するに該当するクレジット会社に申込をして信用審査をパスすると発行されるカードを活用して物品を購入できることを指します。

 

これは具体的なクレジットカード利用の方法として存在するものですが、消費者は発行されたクレジットカードにより利用可能枠の範疇で物品購入できるシステムを反復・継続して利用することになります。

 

利用の種類として物品代金を2か月超過して支払う包括方式と、支払いの時期や回数をあらかじめ定められたプランで返済するリボルビング方式として成立しております。

 

それとは別に個別にて信用購入をあっせんする方式があり、自動車などを購入する場合によく用いられており、消費者が販売会社で車両などの商品等を購入する場合にオートローンクレジットなどの審査後に支払い時期や回数を定める方式となります。