ローンを組む場合担保をつけることで大口の融資を受けたり、返済にかかる期間を延ばすことができます。返済が何かの理由でできなくなってしまったときに、担保を利用して債権を取り戻せるようにしておきます。担保には、人的担保と物的担保があります。人的担保とは、保証人などをつけてローンを利用することです。もしものことで返済が厳しくなっても、保証人になった人に債務の支払い請求ができるのが、保証人をつけた場合です。連帯保証人や、連帯債務者も人的担保です。人的担保では、保証人になった人の信用能力も審査では重視されます。時が経過すると共に人の信用力や資力はどんどん変わるものなので、人的担保はあくまでもその人の資力をあてにしているので絶対に安心とはいえないかもしれません。ローンを利用した人が返済できなくなった時、保証人も資力がなくなっていることがあります。返済が長くなる場合には人的担保では必ず保障されるというわけではないのはそのためです。また、保証人に責任を負わせることは制限するべきだという考えが広まりつつあります。リスクを自分で受けることになるのが、保証人になることです。親戚や恩のある人から頼まれたといっても、ローンの保証人になるのは慎重になる必要があります。借りてからすぐに返済困難になる可能性もありますので、ローンは担保があれば借りやすくなるとはいえ、借りることができるからと安易にたくさんのローンを組むのはおすすめできません。

 

 

リクルートカードの詳細はこちらのページへ