【経済用語】スキャルピング:デイトレード(その日のうちに複数回の取引を行う売買手法)のうちでも、数分、短ければ数秒の間に1,2ティック株価が上下するだけでも売買するやり方のことを称して「スキャルピング」(scalping、「スカルピング」や簡略に「スキャ」「スキャル」)と呼んでいます。
日付が変わらない間に何度も売買を注文するという手法の「デイトレード」。対して、1日ではなく、数日程度の比較的短い持ち越しの取引方法を「スイングトレード」(数週間程度に長くなると「ポジショントレード」)と呼んでその日だけで何回も売買するデイトレードとは区別する必要がある。
【用語】ネット証券が出現したので取引の際に必要な証券会社等への売買などの手数料は、最近はなんと数百円くらいに下がり、とことん取引および情報収集などができるようになったということ。
絶対に金融システムは経済活動の最重要な動脈なのであり、我が国の経済の再生や活性化させるため、加えて不良債権問題の解決と構造改革を実現させることができる、さらに強固で安定的な新しい金融システムの構築こそが最重要である。
意外かもしれないが、金融商品への取引業務のどれもが証券市場における取引などについて規定した金融商品取引法(金商法)の条文により、制限されているかというと、そうではなくて、そうなる例としては通貨の売買の取引(いわゆる両替業務)にならば金融商品取引業の登録の必要はないのである。
【知っておきたい】株式投資では、一般的に信用取引ではなく現物取引(投資金額までの取引)でのある程度長期的な投資を行う取引のスタイルを採用するのであれば、大きすぎる危険性を背負わずに取引することが可能です。
すでにわが国内で活動中のどんな銀行でも、既にグローバルな規制等の強化も見据えながら、経営の一段の強化、そして合併・統合等も組み入れた組織の再編成などに活発な取り組みが始まっています。
【ポイント】為替の数字の動向に鋭敏に反応できる手軽な投資商品なら、外貨預金(外国の通貨による預金)や外貨MMF(MMF:公社債、短期金融資産などで運用して利益を求める投資信託)、FX(外国為替証拠金取引)などと回答できる。

 

 

リクルートカードTOPへ