平成20年9月のこと。アメリカで最大手投資銀行のひとつであるリーマン・ブラザーズが破綻(倒産)したというニュースが世界中を駆け巡った。この出来事が全世界を巻き込んだ金融危機の引き金になったのでその名から「リーマン・ショック」と名づけたのである。
抑えておきたいポイント。株式とは、社債などと異なり、出資証券(有価証券)であり、出資を受けても企業は出資した株主に対する出資金等の返済に関する義務は負わないとされている。またさらに、株式の換金は売却という方法である。
小惑星探査機「はやぶさ」が地球に無事帰還し話題となった平成22年9月10日、日本振興銀行が破綻(民事再生手続開始)してしまったのである。こうした事態に、ついに未経験のペイオフ(預金保護)が発動することになった。これにより全預金者のうち3%程度、それでも数千人を超える預金者の預金が、上限額適用の対象になったとみられている。
【知っておきたい】金貨について⇒カンガルー金貨(9999+)、メイプルリーフ金貨(流通量世界一)、イーグル金貨(純度91.67%)、ヨーロッパならウィーン金貨(2004年の限定コインは1000トロイオンス)といった金貨(銀貨、プラチナ貨)などを購入する堅実ともいえる方法なのである。
【投資】株売買を調べると、個人投資家が取引している形態は、実際に証券会社へ出向いての窓口、営業マンに依頼する人間同士が顔を合わせる取引よりも、ネットを経由したオンライントレードでの売買のほうが盛んだ。
運用のための費用は低くて0.1、高くても1%程度なので、インデックス型ファンド(インデックス:商品価格などの指数(インデックス)に連動)も含めた一般的な投資信託に比較するとかなり低く定められており、投資商品として長期投資希望の方に向いている商品とされているのだ。
バンク(bank)という単語は机やベンチを意味するイタリア語のbancoが起源であるとの説が有力。ヨーロッパでもっとも長い歴史を持つ銀行はどこなのか?15世紀初頭に当時大きな勢力を持っていたジェノヴァで設立され、政治にも深くかかわっていたたサン・ジョルジョ銀行です。
【投資の前に】アセットアロケーションについて⇒アセットアロケーション(投資配分)というものは一度組み立てたら最後ではありません。自分の作ったアセットアロケーションの運用状況を油断せずに吟味し続けることが一番大切になります。
多くのすでに上場している企業であれば、企業活動を行うための資金調達の手段として、株式以外に社債も発行することが当然になっている。株式と社債の違いは、返済義務に関することなのである。
いわゆるスウィーブサービスってどういうこと?通常の普通預金口座と(同一金融機関・グループの)証券取引口座、この2つの口座間で、株式等の取引で発生するお金が自動的に双方に振替えてくれる便利なサービスである。同一金融グループ内での顧客の囲い込み作戦です。

 

 

リクルートカードTOPへ